最新ブラジル音楽とライブ情報をお届け♪
by Kumikinha くみきーにゃ
カテゴリ
全体
Coluna(コラム)
Agenda(ライブ)
Música(音楽)
Passeio(お散歩)
Perfil(プロフィール)
未分類
ライフログ
フォロー中のブログ
やっぱり猫が好きかも!!
最新のコメント
>ボーダーライン店主さま..
by narizo at 22:55
>Elhur様 蓮の花..
by narizo at 13:22
毎度です^^v 俺も蓮..
by Elnur at 00:34
>アーチスト義理妹様 ..
by narizo at 19:10
>柴様 蓮の花売ってる..
by narizo at 19:08
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
more...
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
☆Festival de Verão Salvador 2013 report Vol.2
結局朝4時ごろホテルに着いたんだけど、recepçãoの人がブザー押しても出てこなくて、
ホテルの扉の外で冷や汗をかいた。
部屋にお金を取りに行きたいからタクシーの運転手さんに待っててもらってたから良かったけど、
あのまま一人で外に取り残されていたらと思うと、、、、。

そんな諸々の緊張と安堵感から、文字通りベッドに倒れこんでそのままお昼まで寝ました。
朝食は食べ損ね、外に出ようかな~とも思うけど、あれこれ心配していたら外に出るのが面倒。
今日の夜もあるし。
一瞬今日はフェス行くの止めようかな、と思ったけど、チケット買ってしまっているしな。
お土産もペロウリーニョでたくさん買ったけど、スーツケースもグチャグチャだし、整理しなきゃ、でも先にシャワー浴びるか、、、なんてやっていたらあっという間に20時。

この日はAna Carolinaが最初に出るから早く行かないと。
なんとか身支度を整えて、recepçãoでタクシーを呼んでもらう。
昨日のフェスの様子から気をつけていれば写真撮れそうだからカメラ持って行こう。
デジカメがいいかな?でも万が一に備えて連絡も取れるiphoneにしよう。
疲労感のせいか、昨日の自分のやらかしたミスですっかり弱気になっていたけど、
Facebookでレポよろしくとかコメントもらうと、なんだか使命感に燃えてくる!!

そんなふうに考えているのに、タクシーが来ない。。。。
recepçãoの人も遅いなと思ってか、何度か電話してくれる。
そうそう、今日はちゃんと言っておかないと。
「今日、帰るの夜遅くになるから。」
そしたら、「大丈夫だよ。ここ24時間いるから。」
うん、それはわかってるけど、今朝、あなたと別の担当者はおそらく寝ちゃって何度ブザー鳴らしても外のドアの鍵開けてくれなかったんだよね~、とは心の声。

結局タクシー呼んでもらってから40分ほどしてからようやく来た。
昨日と向かう道が違うけど、遠回りされてんのか?って途中ちょっと心配になった。
タクシーの人もたまにそういう人もいるから気をつけて、って言われたりしたから、ちょっと疑り深くなってしまっている。
でもホテルで呼んでもらったし、大丈夫かな。
おかしな値段言われたら、「昨日もここ着たけどそんな金額しなかったって言わないと。」とか気張っていたら、着いた。
運転手さんが会場のエントランス側に停車するように(歩道橋を渡らなくていいように)気を利かせてくれたのだった。
タクシーの料金も32RSとまあまあだった。

さて、タクシー降りてすぐに、あ、今日はヤバいっ!!って思った。
昨日と様子(盛り上がり方)が違う。。。
人がめちゃくちゃ多い。。。
エントランスがどこかわからないほどに、焼きカマラォンや肉やビールやらの露店が歩くところがないくらいにびっしりひしめき合っている。
下も雨のせいで泥とかでグチャグチャの場所がある。

iphone持ってきて失敗だったかも。。。
とすぐに後悔した。
けど、もう来ちゃったんだから仕方ない。
この日だけCamamoteのpepsiは売り切れていた。
それってすでに、昨日より人が多いよって予測出来てていいはずなんだろうけど、
疲れててそんな余裕もなかった。

しかも、いつものごとく、アジア人、女、1人、目立ってる。。。
けど、ここでひるんじゃ行けないって事をこっちに来てから学んだ。
慣れてます、平気です、的な顔を作りつつ、心の中ではエントランスどこだ~~って焦りながら歩く。
あと、よくやったのが、ちょっとあぶないかな(めんどくさいかな)って思うところを歩く時は、グループで来ている女の子たちを見つけて、さも一緒に来たような顔ですぐ横や後ろを歩く。
時には会話しているかのように薄ら笑いを浮かべながら。
時々その女の子たちに「えっ!?」って顔されるんだけど、自分の身を守るためだから気にしない~。
案の定この日は「ジャパ!」って言われたり、髪をさわられたり、腕をつかまれそうになったりした。

ここに来て毎日思ったんだけど、この露店がひしめきあって、エントランスまでのちょっとした道路があって、そこをフェスに行く人がたくさん歩くわけだけど、何故か車が何台も入ってくるのよ。
車はどけどけ!とばかりにブブーッってクラクション鳴らしてノロノロと人ごみの中に入ってくる、歩く人は車にタッチしてったりとにかくやかましい。
日本だったりこういう危ない場所は車の通行規制したりするもんなんだろうけど、しないところがやはり外国というかなんというか。秩序がない。
昨日1回来ていたおかげで少し遠回りしたけど、そんな車をギリギリで避けつつエントランスにたどり着いた。
問題なく入場し、メインステージへ。
一番遠くの場所からAna CarolinaのSHOWが見える。
間に合わないと思ったけど、まだやってた。。。

急いでこの日はFioriのCamaroteなので、昨日とは逆側に向かう。
入るとステージ側に人がいっぱいだけど、なんとか見ることができた。
大画面にAna Carolina。
やっぱりカッコイイな。。。
d0049409_039625.jpg

そしてたくさんの観客。
d0049409_0401948.jpg

着いたときにはもう最後から4曲目くらいで、間に合っただけでもよいか~と思っていたところ、
この日他のステージで歌うEllen OlériaとMaria Christina, Liah Soares, Alma Thomas,Luana Malletらがステージに現れてなんと「ROSA」!!
もちろん、観客みんなで大合唱。
女の世界、Anaワールドが展開されていた。

Anaが終わったあとは、スペース内を散策。
そういえば、夕方ホテルでバナナチョコ味のスティック菓子を食べた以外、何も食べていない。
ちゃんとしたものは、昨日の昼にペロウリーニョでバイーア料理バイキングを食べたっきりだった。
というわけで、何か食べようと思ってビールとチーズバーガーを買ってみた。
ビールが5RSで、チーズバーガーが7RS。
ブラジルって食べ物こんなに高かったっけ?フェス会場内だからなのかしら?
d0049409_048437.jpg

d0049409_0455568.jpg

こちらはCaixa。
d0049409_0493876.jpg

スペース内ではDJブース的なものなどもありました。
d0049409_0513285.jpg

d0049409_0524846.jpg

ちなみに、カマロッチFioriからちょうど正面(ステージに向かって右側)にどーんとあるのが、VIP席のようです。
d0049409_0544446.jpg

CAPITAL INICIALが個人的にあまり面白くなかったので、
カマロッチスペースから外に出てみました。
d0049409_0551589.jpg
d0049409_0554773.jpg

一番小さいステージでは先ほどAna Carolinaのステージでも歌っていた、ELLEN OLERIAという女性歌手のステージがちょうど始まったのですが、ソウルフルでパワーあってものすごいかっこよかった!!
若い女の子のファンも多かった。
d0049409_0565988.jpg

もう1つのステージではKART LOVEという甘い系の若いイケメン君のセルタネージャ歌手が、イヴェッチとかバイーアで流行りの曲も歌ってました。
d0049409_183765.jpg


Chiclete com bananaを見るためにずっと我慢していたのですが、この日ビールを飲んだのは誤算でむちゃくちゃ眠くなってきてしまい、外をウロウロしてもまだ眠くて(危険!)、芝生みたいなところに座って一休みして時間をやり過ごした。
ようやくシクレッチのライブが始まったと思って、曲に合わせて体を揺らしたり、みんなと一緒にぽんぽん上下に飛び上がってみたりもしたのですが、床の揺れがゆりかごのように気持ちよくなって、目を瞑り始めてしまった。

日本のフェスだったら、どっかそこらへんに座って適当に仮眠してしまうんだけど、さすがにここで1人で仮眠って危険だな、と思い最後のHarmonia do Sambaは諦めて帰りました。

が、帰り道、この眠気が吹っ飛ぶような出来事が。。。
[PR]
by narizo | 2013-01-29 01:10 | Música(音楽) | Comments(0)
☆Festival de Verão Salvador 2013 report Vol.1
ただいま!ブラジルから帰ってきました。
ブラジルはCarnavalに向けて年末からどんどん盛り上がっていく時期です。

その盛り上がり時期にちょうど開催されるのが、
Festival de Verão!!
連続4日間、バイーアのミュージシャン筆頭にベテラン&旬のミュージシャンがライブを繰り広げるこの野外フェス、チケット代は決して安くはないけど個人的にはこんなにお得なフェスはないのではないか、と思っています。
今年は1月16日~19日の4日間。

参加ミュージシャンはこちらのサイトで何ヶ月か前から次々と発表されていくのですが、
Ivete Sangalo、Banda Eva、Timbalada、と続々と発表され始め、Ana Carolina、Aviões do Forró、Claudia Leitte、Pisirico、Gusttavo Limaなどが追加され始めて、いよいよこれは行くしかないだろう!という気持ちに勝手になってきます。
私は今回はIvete目当てで17~19日の3日間参戦!?しました。

開催場所は、サルバドールの空港から程近いO Parque de Exposiçõesという広い公園。
d0049409_0414942.jpg

ペロウリーニョやBom Fim教会などの観光地からは車で45分ほどと、連日観に行くとしたら観光客にはちょっと中途半端な場所にあるので悩ましいところなのではありますが。
というのも、フェスはだいたい夜19時~20時から始まって、盛り上がるのは23時から、そして最後のミュージシャンは3~4時からスタートという按配なのです。
朝まで踊って、日中観光して、夜またフェス、、、はまさに体力勝負!!

私は3年前にサルバドールに訪れた際に、観光名所といわれるところはあらかた行っているので、
今回はすっぱり割り切って、会場に近く(車で7分~10分くらい)、ホテルも充実していて、海もあってリラックスできるItapoanに宿をとりました。

この時期の宿は少々高め、と聞いていたのですが自分が泊まったところは朝食付きのダブルで1泊1万2000円くらい。1人では高いけど、2人ならまぁまぁ。
今回1人になりそうな気がしたので(同行者を募っていたのですが突然過ぎだった)あまり安い宿よりは少し高くても安全そうなところにしました。

チケットはこちらのサイトからも購入できるのですが、ネットで購入するのがちょっと不安だったのと、
自分で現地で購入してみたいと思ったので、サルバドール在住のYukaさんに同行してもらい、
Barraのショッピングセンターで買いました。

チケットを買える場所は、サルバドール市内に4箇所あり、ショッピングセンター内のticket mixという、日本でいう「ぴあ」みたいなところで購入できます。
私が行った時は20~30人並んでいて、でもスタッフが1人で対応していたのでそれは待たされるよね、、、という感じ。
ちなみに、チケットは会場でも買えますが、カマロッチは事前に売り切れてしまう可能性があるので早めの購入がよいそう。
会場入口にダフ屋もたくさんいました。

チケットは1日単位入場券(Individuais)と、連日入場券(Passaporte)とあり、
種類は、一部入場制限された一番安いPISTAというチケット(52RS/2500円くらい)から、Camaroteという入場制限された場所に入れる高いチケット(110RS~200RS/5500円~10000円くらい)があります。
Camaroteの中でも3種類あって、「Pepsi」(ペプシ)、「Fiori Fiat」(車)、「Passarela」(アパレルブランド?)と、スポンサー毎に分かれており、左のPepsiから高い順です。
それぞれのCamaroteの場所は決まっていて、以下のmapaから確認して買うとよいと思います。
d0049409_172113.jpg

個人的にはCamarote pepsiが高い分一番安全で楽かな、と。
これは3日目にウロウロしてわかったことですが、結構Pepsiのスペースが広くて、
トイレも外の比べるとまだキレイだし(それでもツマッってたり汚かったけど)、
チケットが高いだけあって、わりと裕福な人が多いから物取られたりって不安も少ない。
あとは、ダントツにオシャレさん、美男美女が多い!!

ちなみに、上記の値段は当日買った値段で、フェス開催日1~2週間前までは前売りでもっと安く購入できました。。。
こちらがチケットです。3日分。
d0049409_1114426.jpg


と、説明ばかり書いてもどうかって話ですよね。

実は参戦初日の17日は所持すると盗まれる可能性があることから携帯・カメラ類を一切持って行かなかったので、写真などはなく。
17日のラインナップは、以下QUINTAのところです。
ステージが3つあるので、ちょっとつまんないな、という時は他のステージに移動できる。
1番上のステージから順に人気のあるアーティストって感じですかね。
d0049409_1211089.jpg

d0049409_123439.jpg

d0049409_1502729.jpg


1人だとさすがに不安だったので、サルバドール在住のSaekoさんに急遽連絡を取り、一緒に行ってもらうことになりました。
彼女たちのお目当てはAraketuで、ついでにIveteも見ておこうという感じだったので、出発したのは21時半過ぎ。
ホテルまで迎えに来ていただいてものすごく助かった。
会場付近に着くと、すごい喧騒。ビールやアカラジェ、ガムやキャンディーの物売りにダフ屋がいっぱい。
圧倒される!! 露店と人がいっぱい過ぎてエントランスがどこなんだかさっぱりわからない。
私はSaekoさんとしげこさんに着いて歩いたけど、1人で来てたら怖気づいていたかも。

エントランスではPistaとCamaroteと別々になっていて、チケットのバーコードをピッとやってもらって、その後ボディーチェックも受ける。
ボディーチェックでは、女性は女性の係員のところ(同性のスタッフのいるところ)に並ぶように促される。

エントランスを抜けると、会場。
すでにメインステージではAsa de Águiaが演奏していた。
SaekoさんたちはPistaのため、「せっかくCamaroteなんだから、そっちで観てきなよ」と言ってもらい、Ivete終了後に落ち合う場所を決めてCamaroteのエントランスへ。
もう、会場広くて何がなんだかよくわからないわけですよ。
Pepsiのエントランスに着くと、今度はチケットと引き換えにリストバンドをつけてくれます。
こちらは最終日のリストバンド。17日と18日は色がグリーンでした。
d0049409_1484965.jpg

このリストバンドでスペースを何度も出たり入ったりできます。

さて、いよいよIveteの登場。
このフェスでは始まる時と終わる時に、サイレンが鳴るんですよ。
それが鳴ると、おーキタキターー!!ってなります。
なるのですが、けっこう、始まる前に4回鳴ってもまだ始まらないってこと、ありました。

実はこの時のIveteの映像がもうあがっていて

ここで観れるのだけど、始まってすぐ、もう嬉しくて私は涙が。。。。
念願のIveteのSHOWをサルバドールで観る、が実現した瞬間だったから。
いまだにこのスタートの音楽を聴くと泣けてしまう。
出だしにバイーアのミュージシャンがマスクをつけて次々とイヴェッチと踊るの。
マスクつけてても、だいたい誰だかわかるからね、特にCarlinhos Brownとか。
みんなイベッチが踊る相手がアップされるのを見て歓声。
特にSauloのときは一際歓声が大きくなった。それはそうよね~。
それからは、ヒット曲と新しいアルバムからの曲を次々と踊りながら歌うイヴェッチ。
本当に体力あるしすごい。
なんと中盤にギターの弾き語りまで。

最初は大人しくカマロッチの上の方で観てたんだけど、もっと近づきたくなって、だんだんとカマロッチを下段に下段に下りていって、最後にはもうみんなと一緒に盛り上がりたくてステージ近くまで潜り込んでいった!

こっちでは今、「dançando」が大流行。
ブラジル来てからこの曲を聴かない日はないってくらい。
1日に5回は聴く。DJブースでも何度もかかってたし。
あとは、ブラジルのミュージシャンってヒットした曲は他人のであろうとみんな演奏するから元は誰が歌ってるのかわかんないのもあるんだよね。

そんなわけで至近距離10m近くで観れるところまで近寄って大興奮!!
ちなみに、この大ステージのフィールドは、前後にまずわかれていて、
ステージに近い前側の右半分はCamarote Pepsiの人しか入れないんだけど、左部分か真ん中部分だけ(確かではない)はPistaでも入れるようになっている。
前右半分のpepsi客専用部分は若干平和で、隙間が全くないってわけではなかった。

Iveteで感動した後、Saekoさんたちと待ち合わせした場所に行こうと思ったが、今度はCamaroteエリアから外の出方がわからなくなってしまった。
最終的にフィールドの前方から無理やりsegurançaに頼んで出してもらった。

待ち合わせの場所に来たけど会えず、もう1つのステージではAraketuが始まっていたのでこれが終われば会えるかな、思いAraketuを観る。
ヴォーカルが元のTatauに戻ったみたい。私は前のLarissa Luzが好きだったけどな。。
そうこうするうちに、大ステージではGusttavo Limaのライブが始まる。
流行った曲もいっぱいあるし、とりあえず観にいってみた。
若い子が多いね~。
全体的にこのフェスは年齢層が若いのだけど、出演しているミュージシャンによっては更に若い。

EDCITYも始まったのだけど、屈強なsegurançaが盛り上がりたい人たちのいる一番邪魔なところに現れて、踊りたいだけの人たちも、たじろいじゃって楽しめないのが伝わってきた。
私はどうせ外国人だと思われるし気にせず踊ろうとしてたんだけど、先立って踊ってくれる人がいないとつまんないしな~って感じで。

結局この後も、Saekoさんとは会えなくて、一人で帰れるかな~って不安になりながらも、
とりあえずあっちこっちのステージを渡り歩きながら最後のAviões do Forróを途中まで観て帰った。

この日の前日(前々日?)も朝までOlodumのShowだったから寝てなくて疲労がMAX。
そしてこの後の帰りが大変だったのですよ。
今となっては笑い話。その時はあせりまくりで寿命が確実に5年は縮まったかな。
[PR]
by narizo | 2013-01-27 02:46 | Música(音楽) | Comments(0)
2012を振り返ってます!
書き途中だった、GWに出向いた陸前高田の様子を更新しました。
☆2日目
http://nari72.exblog.jp/17553921/
☆3日目
http://nari72.exblog.jp/17564506/

☆5月のAle Vanzella来日についても更新しました。
http://nari72.exblog.jp/17575814/

よかったら見てくださいー。
[PR]
by narizo | 2013-01-03 01:10 | Coluna(コラム) | Comments(0)