最新ブラジル音楽とライブ情報をお届け♪
by Kumikinha くみきーにゃ
カテゴリ
全体
Coluna(コラム)
Agenda(ライブ)
Música(音楽)
Passeio(お散歩)
Perfil(プロフィール)
未分類
ライフログ
フォロー中のブログ
やっぱり猫が好きかも!!
最新のコメント
>ボーダーライン店主さま..
by narizo at 22:55
>Elhur様 蓮の花..
by narizo at 13:22
毎度です^^v 俺も蓮..
by Elnur at 00:34
>アーチスト義理妹様 ..
by narizo at 19:10
>柴様 蓮の花売ってる..
by narizo at 19:08
最新のトラックバック
以前の記事
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
more...
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Coluna(コラム)( 20 )
ブログお引越しします
もっと大勢の方に見て頂きたい、興味ある他の方々ともつながりたい、使いやすい、という思いがあり、
タイトルも一新しブログをお引越しすることにしました。


今後はこちらを登録して読んでいただけるとありがたいです。

超☆最新ブラジルポップスを歌うKumikihaのブログ


これまでエキサイトブログでお読みいただき、ありがとうございました。


今後ともどうぞ宜しくお願い致します♪♪♪






[PR]
by narizo | 2017-05-06 01:24 | Coluna(コラム) | Comments(0)
2012を振り返ってます!
書き途中だった、GWに出向いた陸前高田の様子を更新しました。
☆2日目
http://nari72.exblog.jp/17553921/
☆3日目
http://nari72.exblog.jp/17564506/

☆5月のAle Vanzella来日についても更新しました。
http://nari72.exblog.jp/17575814/

よかったら見てくださいー。
[PR]
by narizo | 2013-01-03 01:10 | Coluna(コラム) | Comments(0)
岩手旅3日目 平泉
5日は、正子さんの勧めで朝から毛越寺に行ってきました。
とりあえず、、寒い。そして時々雨がぱらぱらと。。。
d0049409_22513339.jpg
d0049409_22521910.jpg

広くてきれいな庭園です。
当時の景色をイメージしてみます。。が、寒さが先にきてしまいます。
d0049409_22525366.jpg
d0049409_22533116.jpg

思わず温泉に入りたい!気持ちになりました。
近くにあるのです。3日はこちらの温泉に入りました。
d0049409_2254233.jpg

ここではセブンイレブンも渋いです。
d0049409_22545388.jpg

さて、今日のおつとめは、吉野屋さんのお店の前で歌って活気付けすること!となりました。
偶然、一ノ関にみうらさんが来ていたのでここ平泉まで来てもらい、
一緒に演奏しました。
d0049409_22564933.jpg

お店の正面は中尊寺まで行くバス停になっていて、観光客の方が続々集まってきます。
バスを送り出しては、新しいバス待ちの方がいらっしゃり、また送り出しては、、の繰り返しで
バスを待つ方々を歌でお見送りしていました。
なかなか出来ない経験です。
d0049409_22581338.jpg

吉野屋さんのお隣にはたくさん猫がいました。かわいー。
d0049409_22585737.jpg
d0049409_22593297.jpg

夕方近くまで歌って、観光客の方々も少なくなってきたので切り上げて
吉野屋さんのケーキを頂きました。
素朴な味でとても美味しい!
d0049409_230628.jpg

というのも、吉野さんご一家と吉野家に関わる方々はみなさん化学香料などの化学物質を生活上で使用しないようにしているので、嗅覚、味覚はとても敏感。
そのせいか、いろいろな事に対しての感性が研ぎ澄まされているようでした。
これには私も大変感銘を受け、化学香料を全て断つ、というのは難しいですが、
気にするようなり、なるべく無添加のものを選ぶようになりました。

ここに来る前は、電車の中やタバコなどの匂いに敏感なあまりに
自分にたくさんの香りをつけることで防御していました。
でも化学物質を身につけることは、体の中に毒を入れるのも同じこと。
化学物質は、洗剤など生活で使うのにはとても便利な役割を果たしています。
でもその便利と引き換えに、本来人間にとって不要な毒を生み出し取り入れているのも同じことだと気づかされました。

正子さんからそんな私のために無添加の石鹸やらマスクにつける布やらを頂きました。
でも、決して無理強いされるわけでもなく、本来使用して自然なものを教えて頂いたと感じました。

正子さんが元新体操選手で今も身も心も若くいらっしゃって、
スポーツマッサージもされています。
そして足湯。こちらだけでも患者さんの体調などがすぐにわかってしまうようです。
お父様も高齢に見えるけれど、トライアスロンに挑戦していたりそれより何よりとても美味しいお菓子を作る職人さん、息子さんの崇さんはお菓子屋さんも引き継ぎながら、歌い手さんとしても活動していらっしゃいます。
NHK岩手のみんなのうたにもなった大根コンの歌は崇さんが作って歌ったものです。
そしてこのご一家が震災の時に真っ先に更に被害を受けて陸前高田に物資を届けたりボランティア活動をされたのです。
みなさんスーパー家族!!

私が一番親近感を持ったのは娘さんの小織さんです。
ご実家から少し離れたところで、小屋を建て馬2頭と猫(既出のブランカちゃんです)と一緒に暮らしていました。
ほぼ自給自足、電気を使わない生活をしていたそうです。
この小織さん、ブラジルに留学されていたことがあって、ブラジルの話で大変盛り上がりました!
小織さんも、この平泉でブラジル音楽を聴けるとは思わなかった!と感動してくれました。
ブラジルで農業を勉強していて、そのまま農業をやりたかったそうです。
正子さんは、そんな進路の話からハラハラしていたそうですが、今回私とブラジルの話をしても全く平気と仰っていました。

それもそう、小織さんと馬2頭と猫ちゃんを問題なく向かいいれてくれるお相手が見つかったからでした。
そのお相手のお家は酪農をされていて、牛を放し飼いにしてストレスをなくし運動させるという酪農法を実践されています。(正しくはお相手のお父様が先頭となり)
そんないろんな価値観がぴったりと合って、出会ってからすぐとんとん拍子に結婚の話が進んだとのことです。
そういう事ってあるんですね~。スゴいなぁ。
あちらの地域の新聞でも取り上げられていました。
http://blog.yamachi.jp/?eid=1069622

そのお相手の方が飼っている牛の乳で作ったヨーグルトを頂いたのですが、本当に濃厚で美味しかったです。
そういった方法で育った牛なので強く、牛乳も何日間ももつ、と正子さんが仰っていました。
と書いていたら、飲みたくなってきてしまいました。
牛乳は注文することも可能だそうです。
http://yamachi.jp/
なんだか宣伝のようになってしまいましたが。。。
そういえば採りたてのニラもご馳走になりましたが、美味しかったな。。。

こういった自然を感じられる生活をしたいしたいと思いつつ、東京にいるとなかなか難しいですね。
・・・って言い訳でしょうか。

東京に帰ってきたら月が輝いていました。
また岩手に行きたいです。
d0049409_2303342.jpg

[PR]
by narizo | 2012-09-20 22:49 | Coluna(コラム) | Comments(0)
陸前高田2日目
明けて4日。
あいにくの雨。
大根コンの活動の一人として、車で陸前高田に向かう。
私に出来ることは歌、ということで今日OPENする仮設店舗の景気付けに
客寄せとして歌いに行くのだ。
途中、川が見えるが量があるように思う。
d0049409_23163164.jpg

最初に向かったのは今日歌う仮設店舗とは別の店舗。
ここも雨が止んだら広場で後ほど歌いにきます、と約束した。
すでに何店舗かすでにOPENしているが、まだ完全ではないよう。
この建物には店舗のほかに託児所のようなものも準備中であったと思う。
d0049409_23164574.jpg

建物の中に入ると、カラオケスナック?の準備のために
東京の武蔵野美術大学から学生さんたちがボランティアで来ていた。
d0049409_23203775.jpg

さすが美大生!と思わせるステキなデザイン。
d0049409_23213199.jpg

このグループの中でも先輩肌のサトキちゃん。
大根コンの正子さんと。
d0049409_23171538.jpg

こうやって学生さんたちがGW休みを利用してお手伝いにくるなんて
ステキだな。人のために何かが出来るってスゴいことだな、と思った。
出来上がるのを見たかった。
d0049409_232225.jpg

さて、今日お邪魔する予定の栃が沢仮設店舗に到着。
昨日フルオープンしたばかりだ。
d0049409_23223046.jpg

お店はこの陸前高田にあったお蕎麦屋さん、雑貨屋さん、そして木村屋さんというお菓子屋さん。
昔からのお店のファンのお客さんがお祝いのために駆けつけていて、お蕎麦屋さんはこの手前で
行列をなしていた。
d0049409_2323492.jpg

このお菓子の木村屋さんは、被災してお店が流されたあと、
最初は赤いコンテナを利用してお店を再開した。
その内容はニュースにも取り上げられている。
d0049409_23241080.jpg

d0049409_23243177.jpg

今回歌うのはこの場所。道路を走る車からも見える。
d0049409_2325723.jpg

歌っていると、なんだろう?と思って駐車場に入ってくるお客さんもいらっしゃった。
そしてお蕎麦屋さんに並んでいるお客さんにも楽しんでもらうために歌いました。
ブラジル音楽と、軽快な日本語の曲と、そして大根コンの歌!
大根コンの歌はNHK岩手みんなのうたでも流れていたので子供はけっこう知っていて、反応アリ!!
吉野さんも!
d0049409_23262550.jpg

時々休みながら2時間ほど歌って、15時くらいにお蕎麦屋さんが本日の営業終了したので
店員さんたちが一息しているところへお邪魔してお蕎麦を頂きました。
量もたくさんで美味しい!!
d0049409_23325697.jpg

そして、最後はお店の方々に向けて私の歌と吉野さんが大根コンの歌を披露!
働いている方々も、そこにいらっしゃっていた方も、それぞれにツラい思いもされていて、
でも、顔には出さずにいるのかな、と感じなんともいえない気持ちになりました。
楽しんでもらえたかな。
d0049409_2327426.jpg

d0049409_23374297.jpg

仮設店舗はこの位置にありましたが、左側は海側で津波が押し寄せてきたところなので、
向こう側には建物がほとんどありません。
d0049409_23285142.jpg

向こう側はこんな感じです。この左の方が海です。
こんなに海から離れているのに、、、という感覚です。
d0049409_2331351.jpg

ちょうどこの仮設店舗の向かい側が丘になっています。
テレビで何度か見ませんでしたか?
d0049409_23321545.jpg

この丘を登ってみました。
仮設店舗(左側)を見下ろします。
この上に被災者が非難していた中学校があります。
ここに上ってきた人は津波から助かったそうです。
なんだかちょっと胸が苦しくなってしまった。
d0049409_23292359.jpg

その他にも津波が来たところを案内してもらいました。
d0049409_0423994.jpg

d0049409_23381810.jpg

雨も降っているのでぬかるんでいます。
d0049409_2339782.jpg
d0049409_23403922.jpg

d0049409_038979.jpg

ガレキがまた残されていました。
d0049409_23421538.jpg

いろいろな建設会社?が看板を立てていました。
どうすると安全だとか、こうした方法がある、とか。
吉野さんに聞いてみましたが、こういった業者は勝手に看板を立てていて、
住宅や商店街の区域分けの計画はすでにたてられていているそうです。
d0049409_23435614.jpg

最後に吉野さんが用事があるとの事で仮設住宅にもお邪魔しました。
この住宅に住む佐藤さんという女性が大阪や神奈川などから来たボランティアの方々にお部屋を提供?しているようでした。
この日はあいにく天気が悪い為お手伝いする事がなく、みなお部屋に集まっていました。

下の写真は平泉に帰る途中の川。
海からは離れていますが、震災の時に海からの水がこの川に逆流してきてあふれたそうです。
今回はなんというか、テレビでは見ていた映像の場所を自分の目で見て、実際にご家族を津波に流された方にも偶然お会いして複雑な思いになりましたが、(今になってようやくツラい思いを口に出すことが出来る方が多いようです。私のように直接関係ない人間にはなおさら話しやすいようです)
来ないとわからないことは当然あって、結果的に来てよかった、と思いました。
d0049409_2343249.jpg

[PR]
by narizo | 2012-09-19 23:10 | Coluna(コラム) | Comments(0)
今頃ですが、陸前高田での出来事をUP!
残暑、厳しいですね。
ここまで来ると厳しすぎですね。
徐々に涼しくなってくれるといいけど、
ここのところ、一気に暑くなって、一気に寒くなる、
春と秋がほとんどなくなってきているな、と感じているので
このまま一気に冬になったらイヤだなぁ、、、、なんて思っているうちに、

私のブログもすっかり止まってしまっていました。。。

この夏は、自分なりにいろいろ思いがあって、思いっきり体力を使って楽しんでみました。
おかげさまでこのひと夏でたくさんの人と知り合って、同じ時間を楽しむことが出来ました!!003.gif

夏を振り返る前に、書きそびれていた、GW中に訪ねた陸前高田のことを書きたいと思います。

ずっと書きたいと思っていたけれど、
あまりにもいろいろな衝撃を受けたので、
頭の中をまとめるまでに時間がかかってしまいました。。。042.gif

今回、友達の岩手県出身のS君の弟さんが、
岩手でとある東日本大震災支援プロジェクトに参加していると聞き、
自分も何かしたいので、ぜひ弟さんを紹介して!とお願いしました。

向こうの状況もわからないので
事前に何度かメールでやり取りさせていただき、
今被災地では何が求められているのかをうかがい、
自分に何が出来るのかを伝えた上で、
ではこちらでコーディネートしましょう、とお返事を頂きました。
プロジェクトのご家族が音楽好きという事もあり、
ではやはり歌で、という事になりました。

5/3-5/5まで今回参加させて頂いた「大根コンプロジェクト」さんの
代表者吉野さんご一家にお世話になりました。
吉野さんご一家は世界遺産にも登録された平泉でお菓子屋さんを営んでいて、
テレビにも出演されている有名なお菓子屋さんでした。

何よりすごいのはこのご家族とその周りの方たちで
詳しくは後で書いていきますが、みなさん魅力的な方たちばかりでした。

平泉についてすぐに、S君の弟さん、Y君に出迎え頂き
吉野さんのお宅へ向かいました。
あいにくの雨、5月初旬なのでまだ肌寒かったですが、平泉はGW中という事もあり
観光客の方が多くいらっしゃいました。

代表である正子さんにお会いして、まずその笑顔に圧倒されました。
自分がどういう思いでここに来たかなどを自己紹介を交えて、
小1時間くらい歓談。
今回の活動のスケジュールなどを確認した後で、
中尊寺に行く事になりました。
今回は観光をするつもりは全くなかったのだけど、
Y君に案内してもらいがてら、いろいろ話を聞くことができました。

テレビで被災地を訪ねる番組はよく観ていたので
その話をしたところ、番組に出ていた被災者の方たちは
実際に会ったことがあることや、マラソン選手のQちゃんなんかは
いち早く被災地に出向き、活動していたことなど、
あと、これは次の日に正子さんから移動中に聞いた事ですが、
やはり関東より関西の方が対応が早かったこと(神戸の震災の経験があるので)、
関西や新潟のボランティアの人たちが来てくれたときには本当に安心した話、
中尊寺のお寺ネットワークで僧侶の方たちが全国から集まって、
大変助かった話など、実際にここに来なければ聞けない話しがたくさんありました。

海側地域の津波の惨状を知り、自分たちに何か出来ることはないだろうかと考え、
お菓子屋さんだし食料はあるという事で、
被災して3、4日後には食料を運んで被災地入りし、
陸前高田の消防団の方が被災地のリーダーとなっていたので、
必要なものなどについてその方と連携をとり、
被災者の方たちとネットワークが出来ていき、
ボランティア団体として確立し、
「大根コンプロジェクト」を立ち上げたとの事です。

と、かなりはしょって書いてしまいましたが、
わたしにできること。」著者:筑波君枝 メディアファクトリー
こちらの本に詳しく紹介されています。

中尊寺での観光を終えて戻り、
吉野さんに言われたのが、「とりあえずお風呂行ってらっしゃい」でした。

お菓子屋さんであり、ご家族の方が化学物質アレルギーという事で、
匂いにはかなりみなさん敏感!!
香水はもとより、シャンプーなどの洗剤にいたるまで、
化学香料が含まれているとわかってしまうようです。
郷には郷に、、、ということで、無添加のシャンプーなどを頂いて
近くの温泉に行きました。
近くに温泉があるって幸せ!!
いろんなものを洗い流すと、なんだかスッキリ!!
こういったことで、ここのお家とも調和していくのだそうです。

晩御飯もお仕事を終えた後の吉野さんご一家と一緒に頂きました。
食べ物も野菜中心、醤油から漬物からヨーグルトからお酢、
何から何まで自家製だそうで、もちろん無添加。
食器を洗う洗剤も、「ピリカレ」(アイヌ語できれいにするという意味)という水を汚さない酵素の粉で(茶シブなど洗浄力は抜群)、ナチュナルご一家で衝撃を受けました。
なんだか、自分がとっても汚れているような気がしてしまい。。。
ここで生活させて頂いたら、体の中から元気になりそう。

この日は、正子さんといろいろお話をして次の日の為に
早めに床につきました。
何から何まで、ステキなお家。

というわけで、中尊寺。
d0049409_23313649.jpg


こちらは娘さんのSさんが飼っている猫のブランカちゃん。
実はSさんとはブラジル話で盛り上がりました。
このSさんもすごい方なのです。が、また後ほど。
d0049409_23330100.jpg
d0049409_23335031.jpg
d0049409_23342927.jpg

[PR]
by narizo | 2012-09-18 00:47 | Coluna(コラム) | Comments(0)
2012年3月11日
2012年3月11日。

昨年の東日本大震災から1年。

直接被害を受けなかったにしろ、日本人なら誰もが心身ともに何らかの影響を受け、
世界からもその後の原発事故により注目を浴びた震災。

自分の直接の知り合いが亡くなったわけではないけど、
あれから1日たりとも、震災のことを考えなかった日はない。

今もブログでは語れない、あの日と、あの日以前からの個人的なサインが、
いまだになんだったのか、という事でずっとモヤモヤしている。

ちょうど1年の今年の3月11日は、テレビをはじめとする各メディアで
震災1周年の追悼番組を報道していたけれど、
1年たったから特別どうとかではなくて、これからもずっと各々がいろんな形で関わっていき続けることであって、きっとでもそんなことは、みんながわかっているんだろうな、と思いたい。

朝からとても晴れていて、日中は少し暖かく感じるほど。
特にこれといった予定もなく、部屋にいたのだけど、なんだかいてもたってもいられなくなって、
信頼できる誰かととても話がしたくなって、
1年ぶりくらいに、西荻窪のcopo do diaさんに足を向けていた。

店に着くと、イトーちゃんとともこさんがいつも通りの笑顔で迎えてくれてほっとした。
お客さんの状況もタイミングよく、イトーちゃんとともこさんと、たくさん話せた。
「久々に行ってみようよ」と、ちょうど1週間前に話していた、ポル語教室で一緒だったS本さんも呼び出しww、4人でいろんな話をした。

copoでは毎年秋になると気仙沼からサンマを取り寄せてイベントを行っていたので、
気仙沼の方たちの状況だとか、震災についての話もした。
話すことで、なんだかすごく落ち着いてきて、ワサワサしていた私の気持ちは普段の、友人と話していて楽しい気持ちに戻っていった。

このモヤモヤ、ワサワサしていた、自分の気持ちの理由はわかっていた。

なので、勇気をもって、ようやく、被災地に行くことにしました。

本当はとてもコワいのです。

コワい理由はなんだかよくわからない。

春になって、いろいろとやる気が出てきて、
でもまずは、ここを乗り越えなければ何にも進めない気がするから。

というわけで、行ってきます!
[PR]
by narizo | 2012-05-01 00:07 | Coluna(コラム) | Comments(0)
40過ぎてもカラダは進化する
昨年秋のClube da Paixao10周年イベントはスゴかった!!
AXE48としてバンド演奏させていただいたけど、
沖縄や大阪からアシェ好きのダンサーさんたちが終結してのパフォーマンスは圧巻でした。

場所は横浜黄金町にある、「Night Fire」。
普段はサルサイベントが中心で、壁が鏡張りになっていたり、中はディスコみたいなカンジ!?
そして結構広い!!
d0049409_205507.jpg

10周年記念のケーキ!!
d0049409_2044312.jpg

大阪のダンサーチーム。アシェの衣装はいつもスゴいな~と思います。
d0049409_2035232.jpg

10年間続けるってスゴい。
女性のパワーってスゴい。

12/4は2011年最後のライブをお世話になっている野毛「Across the Borderline」でやりました。
今回は前川朋子さんとタイバン。
ステキな歌を演奏してくれました。朋子ちゃんとはだいぶ前に渋谷blenblenblenで初めて会ったんだよな~。
タイバンできてウレシかったな~。
d0049409_204951.jpg

そしてこちらがボーダーラインのマスター。
ニヒルなカンジがステキですね~~~003.gif
d0049409_2042237.jpg


この時期は月蝕も見ることができました。神秘的だったな~~。
d0049409_206371.jpg


年末は、青山スパイラルホールに、首藤康之さんのドキュメンタリー映画「今日と明日の間で」の観覧に行きました。
当日は首藤康之さんとエドツワキさんのトークショーも。
昔テレビで首藤さんのダンスを見て、なんだか気になってしまい、それから一度実際にダンスを見てみたいと思ってましたが、それからだいぶ年月がたってしまっていました。。。。
今回ドキュメンタリー映画を上映すると聞いて、どんな人なのか知りたい!と思って
観覧したワケです。

ダンサーの寿命は限られていると世間的には思われていましたが、
首藤さんは40歳になられても、なお、肉体は進化する、と感じられているそうです。
なんだか、この言葉にスゴく励まされました。
もちろん、進化にいたるまでの、努力というか、メンテナンスをしっかりされているからですが、
年齢でいろんな事をあきらめてはいけないですね。

例えばサッカーのカズ選手なんかも、44歳だそうですけどいまだに現役で活躍されていて、
あのプレー、そして若い選手の中でもあれだけさわやかな笑顔でプレーをされているのは
メンタル面でもすばらしい方だな~と思います。
世間的な常識とか、周りからどう見られるか、とか考えていたら、
あそこまでは到達できないですよね。
サッカーが好きなこと、そして人間の深さをすごく感じます。

最近、平均寿命がのびてきていると同時に、肉体も何十年前、何百年前の人間に比べて
老化が遅くなっているのではないかな、と思っています。
30歳過ぎても若くみえる人たくさんいるし、なんか、年齢とか気にしていたら自由じゃないな、と感じます。

私も自分の年齢を全く意識しないで生きる、なんてことはできないですが、
メンテナンスをしっかりしていこうと思っています。
・・・といっても、自分にあまいので大変ですが、あまりストイックにならずに維持していきたいですね。

この日スパイラルホールでは、草間彌生さんの展示がされていました。
好きなんですよね~。この自由なカンジ。
元々好きだったので嬉しかったな~。元気がでました。
d0049409_206284.jpg

こちらはランジェリー。このまま衣装になりそうな?
d0049409_2064326.jpg


そしてなんの脈絡もなく、六本木島唄楽園のランチ。
d0049409_2052338.jpg


いやぁ~、寒いので南国に逃避したくなりますが、とりあえずもうちょっと縮こまっていることにします。
[PR]
by narizo | 2012-01-29 23:00 | Coluna(コラム) | Comments(0)
高円寺でイラン人とペルシャ料理を食しながらインコと戯れた
またまた、懐かしい秋の思い出日記です。

いまさらのアップですが、なかなかおもしろい。

久々に風邪をひいてしまいました。。。
昨日は大人しくしていたのに、普段より咳と鼻水が出てツラくて、休んでいても治らんじゃないか!と憤慨し、今日は外へ出てみた。

旅に出たい病に取り付かれ、高円寺にある『Bol Bol』というペルシャ料理屋さんに、
ランチ終了40分前くらいに行ってみました。
d0049409_2215689.jpg

d0049409_220596.jpg

ちょうど日本人のお客さんが2人だけいて、食べ終わって帰って行きました。
店にはイラン人のマスターと私の二人だけ。
d0049409_2201859.jpg

そしてカゴの中にインコが2羽。

ガーリックチキンのランチセットみたいのをオーダーした後、マスターの友人と思われる男性がドーナツの箱を持って入ってきて、マスターと2人で何やら話し出す。
私が店内を興味深く眺めていると、急にマスターに「大丈夫?」と聞かれ、
「何が?」と聞き返したら、マスターとその友人2人がしゃべっているのが気になるか?
と聞かれたらしく、全然気にならない、(むしろ普段聞きなれない外国語を聞くのは楽しいので)、OKと答えた。
外気と中の空気の温度差で咳き込んでいたときに、ちょうど料理が運ばれてきた。
マスターが、「大丈夫?唐辛子が入った?」とジョークを飛ばしてきたので、
顔を赤くしてむせながら大丈夫、大丈夫と答えた。
こちらは豆のスープ。
d0049409_2203293.jpg

そしてチキン。
d0049409_2204315.jpg

鼻がつまっていたので味覚が60%だったけど、ガーリックのいい香りのトマトソースチキンと大好きなインディカ米を、ややお腹いっぱいだなと感じながらもガッツリと食していたら、
「サービス。」と言って、ティーとドーナツが!!
d0049409_2205629.jpg

お腹いっぱい!でもこれを断るわけにはいかない。。。
「ありがとう! いいの!?」と笑顔で返した。
マスターの友達が店に入ってきて、客が自分だけになった時から実は、システィマティックでないサービスが始まるんではないかと予感はしていた。
そして、見事予感的中!!

更に、マスターが今度は「鳥は大丈夫?」と聞いてきて、
さらにチキン料理のサービスが出されるのかと一瞬迷い、いや、これ以上はさすがに食べられない、、、と返そうとしたら、カゴの中のインコを指していたので、あー、そういうことか、と思い、
大丈夫、大好き。と答えたら、マスターがカゴを開け、2羽のインコがバサーーーーーと店内を飛び回り始めた。

放鳥。。。。。
d0049409_2214293.jpg

きゅうりを手にし、マスターが、「チュチュチュチュ」と鳥にさえずり始めた。
最初は興奮していて手に乗らなかったインコも、次第にきゅうりを目当てに、手に止まったり、頭に止まったり、耳をつついたり、やんちゃし始めた。
私にもきゅうりをくれて、インコが、のった。手にも、頭にも!
d0049409_2212360.jpg

そして奇跡の1枚を撮ってもらいました!!
なぜボヤけているかというと、みんな手が鳥がかじったあとのきゅうりまみれになって、携帯のレンズにきゅうりの汁がベタベタについていたから。

マスターの頭にも、ほら。
d0049409_221942.jpg

というわけで、イラン人のおっさんと3人でインコと遊んだり、ドーナツ食べたり、最後にまたティーをご馳走になっちゃって、気づいたらランチタイムはとうに過ぎ、約1時間半遊んでいました。
今日の私のマジックアワー。

そしてその後は、中野の新井薬師寺で行われているチャランケ祭りを観に。
アイヌ語にも、沖縄の言葉にもある、「ちゃらんけ」をテーマに、
アイヌの舞踊や音楽バンド、沖縄の音楽とエイサーなどが2日間にわたって催されました。
またもや、地元にもなかなかいいものがいっぱいあるんだな、と気づかれました。
d0049409_222786.jpg

また、あしびなーにも飲みに行こうっ!!
[PR]
by narizo | 2011-12-30 22:13 | Coluna(コラム) | Comments(0)
一日限りのアカラジェ屋さん
今年の秋、渋谷の宇田川町で、一日限りのブラジル料理屋さんが出現しました!

カウンターのみの小さなマンションの一角で、サンパウロに住んでたmomiageさんがアカラジェ作りで参加したブラジル料理屋さん。

こちらは砂肝の和え物。上にはパクチーがた~~っぷり。
d0049409_2326324.jpg

料理中のmomiageさん。帽子がイカす。
d0049409_23261651.jpg

私はまずはバチーダ・ヂ・マンガ。
d0049409_23262876.jpg

これは、アカラジェをあげているところ。
d0049409_23263873.jpg

その間にムケッカ!!
d0049409_23264813.jpg

そしていよいよ?アカラジェ!
d0049409_23265747.jpg

写真だと比較するものがないからわからないかも、だけどビッグサイズ!!
d0049409_23271051.jpg

中身があふれる!!!
d0049409_23272554.jpg


一日限りなんてもったいないYO!
あ~、またバイーア行きたくなりました☆
[PR]
by narizo | 2011-12-18 23:33 | Coluna(コラム) | Comments(0)
2011☆沖縄ぶらり一人旅 その3
20時半くらいに那覇に着いてホテルへ。
シャワーを浴びると日焼けしたふくらはぎにお湯が沁みて痛い。
お腹が空いてきたので、外へ出てぶらぶらしてみたけれど、平日のやや遅い時間という事もあり、国際通りは観光客用の食べ物屋さんか、お土産屋さんしか開いてない。
8年くらい前に一人で那覇に初めて来たときは、若者が集まる隠れたBarみたいなところに行ってカウンターに座り、常連のお客さんとお店の人と話したりして、テキーラをショットで一気飲みみたいな事もやったけれど、さすがにもうそういうのは求めていないので、ちょっとシャレててなんかな~だけど1人で入っても平気そうな沖縄料理居酒屋に入る。
せっかくだし、と豆腐ようとかゴーヤチャンプルー、アーサーのてんぷらを頼んだらこれが結構量があって、さすがに1人では食べきれなかった。
話し相手もいないと、もくもくと食べるだけだし。
サクサクっと食べて、コンビニ寄ってホテルへ。
国際通りは地元の若者がバイクで集まって大騒ぎしている。
そういえば、沖縄の成人式っていつも何かと話題になるよね。
というわけで、準備をして早めに就寝。

翌朝、朝食をどこで食べようかな~とぶらぶら。
久しぶりだからやっぱりウレシイけど、何度も行った事あるところは今回はやめて、ディープな所に行ってみよう。と、敢えて迷子になりながら歩いてみる。
すると、地元の人が買い物しそうな商店街にたどり着く。
お惣菜とか乾物類、野菜や果物が並んでいる。
どれを見ても、欲しくなる。
通りかかった金物屋さんで、売り物のカゴに入った猫を発見!
気持ちよさそうに寝ている。
d0049409_0334984.jpg

近づいてみても、全く起きない。看板猫ってやつ?肝が座ってるな~。
d0049409_0341980.jpg

更に歩いて行くと、さびれた感じの農連市場というところにたどり着く。
d0049409_0345286.jpg

なんかよくわからないけど、ノスタルジーを感じる。
d0049409_0351919.jpg

気になるので入っていくと、こんな小道が。
d0049409_0353884.jpg


d0049409_036290.jpg

人もあまりいなく、よくわからないので、横道をそれるとこんな。
d0049409_0362328.jpg

わき道に「元食」というお店の看板が目に入る。
d0049409_0365239.jpg

外でメニューを見ていたら、中から食堂の人が出てきて、どうぞー朝食定食もありますよ、という言葉につられて店に入ってみることにする。
中途半端な時間だったので、あまりお客さんがいない。
すぐに観光客だとわかられたので、お店のご主人とお話。
「みんな外から覗くんですけど、なかなか観光の人は入って来ないんだよね~。」って事で、声をかけてきたらしい。
メニューもいっぱい。
d0049409_0372692.jpg

頼んだのは朝の胃にやさしい、ゆし豆腐(右下)つきの朝食セット。
焼き魚と玉子焼き、アイスコーヒーもついて、これでなんと400円!!
ゆし豆腐、おだしもきいててめちゃ美味しかった~~~。
d0049409_038557.jpg

山羊汁もメニューに!食べたい!けど、お腹いっぱい~~。
d0049409_0382619.jpg

後からお店の奥様がいらして、観光客丸出しの私を目にとめて、話しかけてくる。
まず、今回の旅で地元の人が必ず話し出すのは台風の話題。
60年生きててこんなの初めて、とか聞くから本当にすごかったようだ。
街を歩いていても、あちこちで修繕でトンテンカンテンやっている。
あとは、景気の話。
本土並み本土並みというけれど、沖縄は第三次産業と基地で成り立っている、景気もよくならないし、若い人は就職先も少なくて可哀相(公務員3人の募集に、500人が応募してくるそう)、携帯も普及して、陰湿なイジメも増えてきた。本土並みの結果がこれなのか、これならドルの時代の方が幸せだった、と。
けっきょく、私も東京での生活に息がつまって、時々こうして沖縄に訪れてホッとしたりしている。
こうして地元の方と話したりして、まだここ沖縄に残されている、シンプルな幸せを実感できる事に喜びを感じている。
自然と共存して生活し、人と人は顔を合わせて話をする。
とても、シンプル。本来の地球人の姿。
だけど、東京にいるとそれがあたり前に出来ないし、感じられなくなる。
ストレスがそこから生まれる。
携帯とかネットはとても便利だと思うけど、字面だけでは顔が見えないから誤解を生む事も多いし、ネットはそれを使う人の意識が低ければ暴力になりかねない。
だからって、今すぐ自分が何をすればいいのかわからないし、それで生活している自分がいるのだから、ジレンマでしかない。
そんな悶々とした思いをあらためて感じつつ、話を聞いていた。

話は戻るけど、このお店は観光の人も知る人ぞ知る?的な食堂らしく、前もって予約して、特別料理も注文できるとの事。
「元食」
医食同源。をモットーとしているそう。
那覇に来られる機会のある方はぜひ行ってみてくださいね!
イラブーとか頼んでみて!
d0049409_0385082.jpg

さて、今度はやちむん通りにやってきました。ここらへんの街の佇まいが好き。
d0049409_0391912.jpg

d0049409_0394343.jpg
d0049409_040838.jpg
d0049409_0403312.jpg
d0049409_041326.jpg

d0049409_042797.jpg

茶屋を発見。
d0049409_0414052.jpg

中は畳の部屋もあって、外を眺めてコーヒー飲んでまったり。やはり、庭ではトンテンカンテンやっていました。
d0049409_0422699.jpg

また農連市場に戻ってみました。
なんか、なんか、暗い?さびれた感じでしょ?
実はここ、今は国の土地なのだけど、開発の計画があって来年には無くなってしまうのだそう。ただ、震災があって開発が止まってしまっているとの事。
そうなんだ~。ではなおさら、写真におさめておこう。
ホントに人がいなくてさびれ感があったのだけど、たまたま片付けしていた八百屋さんからゴーヤを買ってみた。
d0049409_0425020.jpg

また太平通りに戻ると、まだあのニャンコはカゴの中でお昼寝中。
太平通り、いい感じ。
牧志市場はポピュラーでいいけど、農連市場や太平通りもなかなかディープでオススメですよ!
d0049409_0431450.jpg

あと、よく目にしたのは、店頭でおばちゃんたちが、モヤシのひげを取っている風景。
話しかけたら、「これは頼まれ物だから売り物じゃないの。」だそう。
後から遠目に写真を撮ってみました。
d0049409_0433947.jpg

お土産をたくさん買って、一息ついて、黒糖かき氷を頂く。
ここでもまたお店のおばさんとおしゃべり。
息子さんのお嫁さんは、やまとんちゅで、最初のお産は実家に帰ったけど、2回目はこっちで生んだのよと。
これは、沖縄の人たちは周りがみんなで協力してくれるから、お嫁さんは2回目は安心してここでお産した、という事を言っているのです。
なるほど~~。
カキ氷は大きいけど、ふかふかしているのでペロっと食べられました!
d0049409_044466.jpg

食材を中心にたくさん土産を買ってきました。
d0049409_0442959.jpg

東京に着いて、晩御飯はこれ。
d0049409_0444859.jpg

土曜日は沖縄そば。かまぼこは普通のをのっけてみました。
d0049409_0452730.jpg

日曜日はゴーヤチャンプルーとジーマミ豆腐。
d0049409_0455559.jpg

そしてなんとこの2週間後は札幌に行くことになり、家の中は、沖縄と北海道の食べ物が混在。
バタバタしました。
札幌話はまた!
d0049409_0474889.jpg

[PR]
by narizo | 2011-06-23 00:32 | Coluna(コラム) | Comments(0)